コラム:「Windows7のサポート終了」は何を意味するのか? | デジタルよろずや筑紫野

コラム:「Windows7のサポート終了」は何を意味するのか?

「Windows7のサポート終了」は何を意味するのか?

結論から言うと、「MicrosoftによるWindows7のサポート終了」「Windows7が使えなくなる」事を意味するものではありません。
2020年1月のサポート期間終了後も、問題なくWindows7を搭載したPCを使い続ける事は可能です。
では、この「サポート終了」とは一体何を意味するものなのか、どういう問題があるのか等を、今回から連載開始する当コラムの第一回として書き連ねて行こうと思います。

サポート終了≒更新プログラムの提供終了

Microsoft(以下MS)によるサポート終了は、「WindowsUpdateによる更新プログラムの提供が終了する」を意味するものと考えて頂いて差し支えはありません。

更新プログラム提供が終わる事の問題点

では、その”更新プログラム”の提供が行われなくなるとどういう問題が起こり得るのかと言いますと、大まかに挙げるとすれば「セキュリティ面で脆弱になる」「Windows(OS)の不具合が修正されなくなる」の二点になります。
前者は後者に付随するものではありますが、Windows(OS)は日々様々な”バグ”やそれに伴う”セキュリティホール(セキュリティ的な脆弱性)”が見つかっており、その都度WindowsUpdateを通じた更新プログラムの提供によってそれらの修正が行われております。(逆にそれによって新たな問題が起きる事もしょっちゅうですが…)
そのため、MSによるサポートが終了してしまうと、それらのバグやセキュリティホールが修正されず放置される事になり、セキュリティ面でOSが脆弱化してしまう事になります。

「セキュリティ面で脆弱になる」事で被り得る影響

これに関しては正直な所、PCを普段どのように使っているかによってその影響は大きく異なってきます。
以下に挙げる項目に該当する方は、サポート終了後に使い続けるのは避ける事を推奨します。

  • 顧客や従業員等の個人情報を取り扱う事業者・団体など
  • 普段からネットで買い物したり、株取引等を行う方
  • 写真や動画、文書等の大事なデータを多く保管してる方
  • PCが使えなく事で事業や日常生活に大きな支障をきたすと想定される方

Windows10搭載PCに買い換えるべきか?

上記で挙げた項目に該当する方については、リスクマネージメントという点からPCの買い換え、もしくはWindows10へのOSアップグレードを強く推奨します。
逆にそれ以外の方は、サポート終了後も使い続けても特に問題はないと思います。
ただし、高級品・低級品に限らずどんなPCにも”寿命”があり、特にその中でも全てのデータが保存されてあるHDDは壊れやすいPCパーツの一つなので、その点は常に頭に入れておいた方がいいでしょう。
デジタルよろずや筑紫野では、PCの買い替えする際のご相談やデータ移行サポートも行っておりますので、これらをご検討の際は是非一度ご相談されてみて下さい。